山本舞香が映画「殿、利息でござる」に出演!なつの役柄や演技力は?

出典:http://goo.gl/VEhYr7

人気俳優の阿部サダヲさん、瑛太さん、妻夫木聡さんが3人揃って出演する映画「殿、利息でござる」。

 

『庶民vsお上』というちょっと変わった設定ですが実際にあったお話らしく、ビンボーな庶民がお殿様相手に銭戦(ゼニバトル)を仕掛ける内容となっています。

阿部サダヲさん主演の映画はヒット作が多く、今回も話題性のある内容なのでヒット間違いなしでしょう。

「殿、利息でござる」の公式サイトはこちら

 

この映画になんと人気女優の山本舞香さんが、瑛太さん扮する管原屋篤平治の妻『なつ』の役で出演することが決まりましたね。

しかも豪華顔ぶれの面々に肩を並べての時代劇初出演。

 

『なつ』という役柄はどんな人物なのか。舞香さんの演技力はどれ程のものなのか、気になりましたので今回もまとめてみました。

スポンサーリンク

 

プロフィール

プロフィール
出典:http://goo.gl/2yH3pC

生年月日: 1997年10月13日

身長: 154cm

出身: 鳥取県

星座: 天秤座

趣味: 人間観察

特技: 空手(黒帯・小1~)・ソフトボール(中学~)

座右の銘: 「己を信じよ」

好きな食べ物: キャベツ・トマト・お寿司

好きなアーティスト: テイラースウィフト、LMFAO

 

 

演技に対する思い

思い
出典:https://goo.gl/L1rs1T

デビュー当初

芸能界にデビューしたての頃はモデルの仕事が中心だった舞香さん。

最初の頃はその場を乗り切るような感覚での演技をしていたらしく、演じることに実感が湧いていなかったそうです。

そのため女優の仕事が嫌で、「あの子、演技めっちゃ下手じゃん」と批判されないかとても心配に。

 

しかし、鳥取から上京して来て気持ちが一変。

環境が変わって、「やるしかない、頑張るしかない!」という意識に切り変わり、上京後1発目のドラマ『心療中-in the Room-』から演じることが好きになったそうです。

 

本気になったきっかけは?

ドラマ『幽かな彼女』のプロデューサーに「感覚だけじゃなくて、ちゃんと深く考えてから演じて欲しい」と言われてから演じることに対する気持ちが変わったそうです。

それからは与えられた役をどうやって演じるか、どうやったら見ている人にもっと伝わるのかを考えるように。

 

将来は主役をやれるような女優になるために、どんな役でもこなせる器用さと自分にしかできない演技力を身に付ける事を目標に頑張っているそうです。

スポンサーリンク

 

今回演じる『なつ』とは?

なつ
出典:https://goo.gl/bCJvFL

舞香さんが演じる『なつ』という役は菅原屋篤平治の新妻になります。年の差は14歳になりますが気が強く、篤平治をしっかり支えるといった役どころになります。

夫婦役も時代劇も初めての経験なので舞香さんにとってはとても新鮮だったでしょうね。本人も、

こんなに緊張感のある現場は初めてで、今回とても貴重な経験をさせて頂きました。
中村監督は、普段とてもニコニコして優しい方なのですが、いざ撮影現場に入ると、厳しい面もお持ちの方で、作品に対しての強い想いを感じました。
今回なつを演じるにあたっては、衣装合わせの時に中村監督から「篤平治となつは、実際に同じお墓に入るくらい仲がよかったんだよ」と聞きました。
夫婦で同じお墓にはいるということが、当時は珍しかったと聞いて驚きましたが、すごく仲がよかった夫婦と伝わるように心がけて演じました。(山本舞香)

引用:映画「殿、利息でござる」

とコメント。また一つ舞香さんの演技の幅が広がりましたね。

 

 

「殿、利息でござる」関係者のコメント

コメント
出典:http://goo.gl/vX9cmn

現場では、あまりにかわいいもんですから「オッケー!」の代わりに「うん! かわいい!」を連発してたら旦那役の瑛太に変な目で見られて困りました。しかし、いい女優さんというのはかわいいだけじゃ勿論ダメなわけで、舞香ちゃんの魅力といえば、周りを飲み込むパワーを持つ明るさでしょうか。これはもう、本人も気づいてない「パワー」としか言いようのないものです。とにかく、いろんな意味で、強い。ちなみに空手が黒帯だそうで、試しに手のひらに正拳突きをお願いしたら、肘が2、3日おかしくなりました。(中村義洋監督)

稀に、現場にいるだけで全体の雰囲気が明るくなるような華やかさを持った女優さんに出会うことがあります。山本舞香さんは、まさにそういうタイプ。周囲を笑顔にするオーラは天性のもの。加えて確かな芯の強さがある頼もしい女優さんで(劇中では)夫の瑛太さんを完全に尻に敷いています。すぐ調子に乗る旦那の手綱を取る、しっかり者の年下女房。そんな、現代でも周りにいそうな二人の微笑ましいカップルぶり、この映画の見どころの一つです。(池田史嗣プロデューサー【松竹】)

引用:映画「殿、利息でござる」

先日公開された「Zアイランド」の監督である品川ヒロシさんも「舞香ちゃんは天才肌だ!」と大絶賛をしています。

舞香さんは演技力以外にも周りを魅了するパワーを備えているみたいですね。

 

 

まとめ

「殿、利息でござる」は私の好きな俳優さんばかり出演する作品だったので絶対観に行こうと思っていましたが、山本舞香さん出演と聞いてますます見逃せなくなりました。

今をときめく『山本舞香』さん。ブレイクの波が来てますね。

 

これからも演技力に磨きをかけて、どんどん活躍していって欲しいですね!

【JRスキーのCMでWヒロイン!人気女優の山本舞香!特技は空手?】の記事はこちら

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Views

ページ上部へ戻る