【得損】アイロンのプロが伝授!首元のヨレヨレはハンコがけで直せる!

スポンサーリンク

暮らしに役立つ情報を楽しく紹介するバラエティ番組『得する人損する人』。

2018年2月15日放送の今回は『首元のヨレヨレを直す方法』が紹介されました。

長く着ているとヨレヨレになってしまう首元部分もこの技を使えば見事復活!

という訳で今回はヨレヨレを直すアイロン技についてまとめてみたいと思います。

首元のヨレヨレを直す方法

生地のヨレヨレは2つの工程を行うだけで簡単に直すことが出来ます。

▼ハンコがけ

ヨレヨレの山になっている部分にアイロンを真上から押し当てていきます。

イメージとしてはハンコを押すような感じですね。

ちなみにこの作業をする時はアイロンを左右に動かさない事。

ついつい動かしてしまいがちですが、ヨレヨレを直す時にこの動きをすると余計なシワを作ってしまうので注意しましょう。

▼冷ます

アイロンをかけてシワが取れたらうちわやドライヤーで熱を冷まします。

熱を持ったままだと生地が曲がりやすい状態なので、冷ます事によって生地を縮んだまま固めるのです。

ちなみに冷ます時間は10秒程度で大丈夫です。

生地が伸びきって山が無い場合
山が無くなるくらいに生地が伸びきってしまうと普通の方法では元に戻りません。

こういった場合は親指と人差し指の指先で挟んで、山を作りながらハンコがけをしていく必要があります。

首元部分全体にかけなければいけないので根気のいる作業とはなりますが、きちんとかければ元の形にしっかりと戻ります。

スポンサーリンク

Yシャツの正しいアイロン方法

首元のヨレヨレを直す方法だけでなく、Yシャツの正しいアイロン方法についても紹介があったのでそちらもまとめてみたいと思います。

襟の部分

襟の部分のアイロンがけといえば襟先から襟先へかけるのが一般的。

しかし、プロのオススメは両端から中央に向かってアイロンをかける方法になります。

①片方の襟先から中央に向かってかける

②今度は反対にして、もう片方の襟先から中央に向かってかける

襟先から襟先にアイロンをかけてしまうと端の方にシワが出来てしまうのでNG。

必ず襟先から中央に向かってアイロンをかけるようにしましょう。

袖口の部分

袖口部分のアイロンがけといえば袖口を広げて表からかけるのが一般的。

しかし、プロのオススメは丸いまま内側からアイロンをかける方法になります。

①丸い形をキープしたまま内側から真ん中に一回かける

②左右も同じようにして1回ずつかける

丸い袖口を無理やり広げてアイロンをかけるのはプロでも大変な技。

そのままの形で内側からアイロンをかける方が簡単で便利なのです。

前立ての部分

前立て部分のアイロンがけといえばボタンの間を避けながら表からかけるのが一般的。

しかし、プロのオススメは裏側から一気にアイロンをかける方法になります。

①前立てを裏返して一気に端から端へ一気にかける

この方法ならボタンを気にせず一瞬でアイロンがけが可能。

表からかけるより簡単で便利なのです。

 

まとめ

愛着のある洋服もヨレヨレになってしまったら着るのを諦めてしまいますが、この技を使えば見事に復活!

着れなくなってタンスの奥深くにしまいこんだヨレヨレの服があったらぜひこのアイロン方法を試してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA