月の小遣いが400万円!ナイナイアンサー出演の島田裕三って何者?

アイキャッチ

出典:https://goo.gl/pPM8vD

若手だけれども大富豪芸人『島田裕三』さん。

結成2年目で知名度はこれからというお笑いコンビ『遠距離ファンタジー』の島田さんですが、まだ2年目なのに私生活の豪華っぷりが話題になっている芸人さんですね。

今回はそんな島田さんがナイナイアンサーに出演。企画名は『親のスネかじり芸能人座談会』というもの。なかなかインパクトのあるネーミングです。

どれだけ豪華な生活っぷりをしているのか気になったので今回は島田さんの私生活について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 


プロフィール

プロフィール

出典:https://goo.gl/pPM8vD

生年月日:1993年11月15日(22歳)

出身:北海道

星座:さそり座

所属事務所:よしもとクリエイティブエージェンシー

 

 


どのぐらいお金持ち?

お金

島田さんの住んでいる自宅は都内神保町にある高級マンションで57平米の1LDK。家賃は25万円です。

若手で給料も少ないはずなのにそのほとんどを家賃につぎ込んでいるのかな?と思いきや芸人としての給料は数千円程。足りて無さ過ぎですね。どうやって生活しているのか不思議ですが、島田さんには毎月親からの仕送りがあるのでその仕送りで生活しています。

その額はなんと『400万円』!月の初めに銀行口座が400万円になるように親から毎月振り込まれる魔法の通帳を持っているそうです。400万円といえば30代の平均年収と変わらないレベルですね。

そして豪華なのは自宅だけでなく移動手段においても同様です。新幹線はグリーン車、飛行機はファーストクラスを利用しています。大物芸人でも同じ移動手段を利用しているのは一握りじゃないでしょうか。

ここまで充実した人生を送っているのであればお笑い芸人以外の道もありそうな気がしますが、あえて芸人を目指すというのは何かポリシーがあるのかもしれませんね。

ちなみに島田さんは同期芸人たちの部屋も同じマンションに借りているそうで家賃だけでも毎月50万ほどの出費があります。

 

 

 


島田さんの実家は?

実家
(※写真はイメージです)

島田さんの実家は北海道で大手建設会社『島田建設』を営んでおり、ピーク時には年商120億円あったそうです。

高級マンションを多数、ポルシェを7台所有しており、実家は20LDKの大豪邸。地元の網走市でタクシーの運転手に『島田邸へ』といえば着くぐらい有名なのだとか。

好青年ズの中込悠さんのブログによれば島田さんの父親の年収は3億円。毎年宝くじの1等に当たっているようなものですね。息子へのお小遣い400万円も大事な我が子を思えば大金ではないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 


一日の生活

生活

バラエティ番組『有田チルドレン』に出演した際、島田さんの日常生活が紹介されました。

 

■昼食

高級すし店『築地すし好 仁』というお店で昼食。番組スタッフにも気前よくおごり、その時の会計はあわせて29700円。ディナーでもなかなかの金額なのにランチでこのお値段です。

築地すし好 仁のサイトはこちら

 

■買い物

欲しいジャケットがあるという事でとあるデパートに入店。
戻ってきてレシートを見てみると金額はなんと250560円。ジャケットだけでなく、クツやパンツも購入しての値段になります。本人曰く「服だと安い方ですよね」だとか。すごい感覚です。

 

■夕食

最後は晩御飯の食材を購入するために松屋銀座の地下にある高級精肉店『日山』でお買い物。大好きな松坂牛を1.5cm幅にカットして3枚購入。合計金額34431円でした。ちなみに3枚のうち2枚は居候をしている同期の分なのだとか。毎日がパーリナイですね。
この日の合計金額は314691円でした。30代の平均月収を一日で使い切るとは…恐ろしい方です。

ちなみにこの番組で有田から合格を貰えたら札幌の一等地にある超高級タワーマンションの一室をプレゼントするという約束までしていました。部屋の家具は全部エルメスで統一するというおまけ付きで。財力が半端ないですね。

 

 


まとめ

島田さんは物腰が柔らかく優しい雰囲気の方です。人当たりも良くて同期から誕生日にサプライズパーティーを祝ってもらえるほど周りからは愛されているようです。

しかし『芸人が趣味』だと言い切る島田さん。お笑いの世界はとても厳しいところですので今回の出演を糸口にこれからも頑張って欲しいですね。

今後の活躍に注目です!

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Views

ページ上部へ戻る