掃除マニア佐藤満春の掃除テクニック vol.3

佐藤満春 アイキャッチ

芸能界一と言っても過言ではないほどの掃除マニアである佐藤満春さん。

 

1日に最低3時間は掃除を行い、休日は公衆便所やスタジアムでボランティア清掃を行うほど掃除が大好きな芸人さんです。

 

そんな佐藤満春さんの驚きの掃除テクニックを今回は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 


テクニック⑧:アルミ鍋の黒ずみ取り

長年使い込んでいると落ちなくなってしまう底部分の黒ずみ。

Exif_JPEG_PICTURE
 出典:http://goo.gl/0Ppyb0

スポンジで擦っても漂白剤に浸け込んでも全然落ちないですよね。

仕方ないかと諦めてそのまま使いがちになります。
しかしそんな汚れも佐藤さんならゴミ同然のある物を使って簡単に落としてしまいます。

 

■使用するグッズ

・リンゴの皮と芯の部分

リンゴ
出典:https://goo.gl/PWbWN7

 

確かにゴミ同然ですね。普通なら実の部分を食べて後は捨ててしまうところです。

この余った皮を使って黒ずみを落とすのですが作業はいたって簡単。

煮込むだけです。

 

黒ずみの付いたアルミ鍋の中に水を適量とリンゴの皮と芯を入れます。そして15分ほど煮込んだ後は取り出してスポンジで軽くこするだけ。

それだけで買ったばかりの頃の輝きを取り戻します。

リンゴを余す事なく使える上にお鍋もキレイになって一石二鳥ですね。

 

※汚れが落ちる理由

→黒ずみの原因は麺などを茹でる時に生じるミネラル分がアルミと化学反応を起こして変色してしまうからなのです。
なのでリンゴの皮を煮込んだ時に溶け出る有機酸がミネラル分を分解する働きがあるため、黒ずみがキレイに取れるという仕組みになります。

 


テクニック⑨:レンジ内部の油汚れ取り

頑固で取るのが面倒なレンジ内部の油汚れ。

レンジフード
出典:http://goo.gl/BcOQAb
雑巾で拭いてもなかなか取れないし、電化製品なので大掛かりな掃除も出来ず放置してしまいがち。

簡単に落とす方法があると嬉しいですよね。

しかし、ある意外な物を使う事によって汚れがキレイに落ちてしまうそうなのです。

 

■使用するグッズ

・ビール、粗塩、サランラップ

粗塩
出典:http://goo.gl/WK1jr8

サランラップ
出典:http://goo.gl/uRZJMl
掃除グッズにまさかビールが出てくるとは意外です。本当に汚れが落ちるの?と思ってしまいますが落ちます。

 

作業の流れは

1.汚れにビールをかける

2.その上に粗塩を振りまく

3.最後はくしゃくしゃに丸めたサランラップで擦る

この3つの工程を行うことによって、汚れが一切なくなります。頑固な油汚れともこれでおさらばですね。

ちなみにビールは少量かけるだけでいいので飲む前のビールを少しだけ取っておけばOKです。

 

※汚れが落ちる理由

→ビールにはビタミンEとアルコールが含まれます。それらが油汚れを分解して浮かせる作用を持っています。

浮かせた汚れを塩の粒子と凹凸の多いラップを使う事によって油汚れを絡め取ってくれるという仕組みになります。

(ちなみに材質によっては合わない事もあるそうです。)

 


テクニック⑩:レンジフードカバーの油とホコリの汚れ取り

前回紹介したレンジフードフィルターの油汚れ取り。今回はフィルターではなくカバー部分ですね。

カバーをしていると裏側の部分が見えないので、いざ見てみると油汚れとホコリが混じり合いとても頑固な汚れに変化してしまいます。

しかしそんな汚れを今回もある意外な物を使って簡単に取ってしまうことができるのです。

 

■使用するグッズ

・灯油

120531_145743
出典:http://goo.gl/hCEjGE

また意外な物が出てきましたね。油に灯油?同じ油だから意味なさそうなイメージですよね。

しかしこの灯油を雑巾に少量染み込ませて汚れている部分を拭きあげると見違えるようなピカピカ具合になります。

最後の仕上げにオリーブオイルで表面を拭いてコーティングすることで新たに油やホコリが付きにくくなるそうです。

 

※汚れが落ちる理由

→油には分子量が同じものに馴染み溶ける性質があります。なのでしつこい油汚れは灯油を使う事で簡単に拭き取ることが出来るのです。

(灯油がコンロにこぼれないようにしっかり乾かして使わないと危険です。)

スポンサーリンク

 


テクニック⑪:排水溝のぬめり取り

以前紹介した重曹 + 酢のテクニックではない方法をご紹介。

今回はアルミホイルを使った掃除テクニックになります。

 

■使用するグッズ

・アルミホイル、割りばし

アルミホイル
出典:http://goo.gl/gjJU23

割りばし
出典:http://goo.gl/pP3yhI

 

この2つを下の写真のように巻き付けます。

アルミ割りばし
出典:http://goo.gl/pQSLgK

 

あとはぬめり部分を擦るだけ。

そうすることで細かいところもキレイに掃除が出来るだけでなく、アルミホイルと水が金属イオンを発生させるため除菌効果も望めるのです。
最後に丸めたアルミホイルを排水溝のカゴの中にに2~3個入れておくだけでぬめり防止にもなるそうですよ。

 

 

※今回の掃除テクニックは「有吉ゼミ 12/21放送分」で紹介されたものになります。

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Views

ページ上部へ戻る