新キャラ「サイゲン大介」が登場!うしろシティ阿諏訪泰義って何者?

出典:http://goo.gl/0Dx21X
神の舌を持つ男、サイゲン大介。

『あのニュースで得する人損する人』から、またしても新キャラの登場ですね。

ルパン三世でお馴染みの『次元大介』と『再現』の二つの言葉を掛け合わせたのが今回の新キャラのようです。

ちなみに今回の趣向は『味の再現』。

誰もが一度は味わった事のある有名店の味を再現するのがサイゲン大介のテクニックになります。

あの人気店の味を家庭でも味わえたら…という夢を叶えてくれると思うとワクワクしてしまいますね。

 

今回そんな『サイゲン大介』を演じるのが、お笑いコンビ『うしろシティ』の阿諏訪泰義さんです。

家事えもんに次ぐ新キャラの登場でみんなが期待していると思いますが、「誰?」と思う方もきっと多いはず。

 

今回は『サイゲン大介』こと阿諏訪泰義さんについて調べてみようと思います。

スポンサーリンク

 

プロフィール

プロフィール
出典:http://goo.gl/L0HhLR

生年月日:1983年1月8日

出身:神奈川県

血液型:O型

身長:170cm

体重:54kg

趣味:料理、一人居酒屋巡り、キャンプ

特技:感情表現が苦手

所属事務所:松竹芸能

憧れの人:設楽統(バナナマン)

 

 

料理の腕前は?

料理
出典:http://goo.gl/cpqWVw

一番気になるのはやはり料理の腕前だと思います。

やはり家事えもんのインパクトが大きかっただけに、それを超えるほどの料理の腕前がないと視聴者もがっかりしてしまいますからね。

 

きっかけは飲食店でのバイト

元々料理をしていた訳ではなく、包丁を握ったことすらなかったそうです。

しかし、アルバイト時代に居酒屋などの飲食店で働きだしたことをきっかけに料理の腕がぐんぐんと上達。

あの『なだ万』(京都の老舗料亭)の元店長が出した店で6年間ぐらい修行したこともあるそうです。

 

今では料理にこだわり過ぎて

・用途に合わせた包丁が5本(鯵専用の包丁なども有り)

・10種類以上の鍋を所持(ラーメンスープを作る用の寸胴鍋なども)

・ワンルームの部屋にアイランドキッチンを設置(部屋の4分の1がキッチン)

・常備してある調味料は100種類以上

などのこだわり様。

ラーメンをスープから作って有名店の味を再現したりもするそうです。(蒙古タンメン中本やラーメン二郎など)

今までに培った料理の腕前で今後どんな有名店の味を番組で再現していくのかがとても楽しみですね。

 

相方もスゴイ!

阿諏訪さんは『うしろシティ』というコンビ名で活動していますが、相方の金子さんも実は特技を持っています。

その特技は『裁縫』。

金子さんは自分で着る服を自分で作ったりするのだそうです。とても器用ですね。

そんな2人は趣味が高じて『料理男子と裁縫男子』という本も以前に出版されています。

『再現』と『裁縫』の2人がそのうち番組内でコラボする時が来たりするかもしれないですね。

 

 

話題の『サイゲン』テクニックとは

神の舌
出典:http://goo.gl/V5u4mI

一度食べただけで味を再現出来る特技『神の舌』。

その再現率はあの坂上さんに「感動しちゃった!」と言わせるほど。しかもご家庭にあるものだけで再現出来てしまうのだそうです。

初登場の際はあの有名店の牛丼を見事に『サイゲン』してみせました。

 

『サイゲン』の流れ

①匂いで材料を見分ける

まずは口に含む前に匂いで判別します。匂いでしか感じとれない材料があるのだそうで念入りに長く嗅ぎます。

 

②口に含み、3段階で味を感じ材料を見分ける

食べる時は3つのポイントで分析します

・食べた瞬間に感じる濃い味

・後から追いかけてくる味

・最後に鼻から抜ける後味

 

③味を記憶し試作

先ほど分析した舌の記憶を頼りに試作を開始します。

 

④味を徐々に足し完成

最後は調味料を加えながら味を調えます。味見と調整を繰り返しながら少しずつ本物に近づけていくそうです。

 

 

『サイゲン』流牛丼

牛丼

初登場時に紹介されたあの有名牛丼店の味の再現手順についてご紹介したいと思います。

 

「カツオだし+昆布だし+【?】」

①カツオ・昆布・中華の3種のだしを混ぜ合わせる

カツオだし(小さじ2)と昆布だし(小さじ1)と中華だし(小さじ1)の分量になります。

牛脂が含まれる中華だしを入れることで牛の風味が増すそうです。

 

②白ワインでフルーティーにする

赤ワインだとコクが出過ぎるのでコクが出過ぎずフルーティに仕上がる白ワインを投入します。

そして砂糖(大さじ1と1/3)と醤油(大さじ1と1/2)を加えればだしが完成します。

 

③牛肉は外国産のバラ肉を使う

国産だと上品な味に仕上がってしまうので、肉肉しい外国産の方があの有名店の味に近づくそうです。

また、肉を入れる時は一枚一枚ずつ入れて弱火で煮た方が仕上がりが良くなります。

 

④タマネギは最後に入れる

蓋をして10分ほど煮込みますがタマネギはまだ入れません。

あの有名店のシャキシャキ感を出すために10分煮込んだあとタマネギを入れて5分煮込みます。

これで完成です。

 

この才能はすごいですね。有名店の味を『サイゲン』するということでシリーズ化できそうですし、今後も注目が集まるところです。

 

 

あの有名焼肉料理店も認めた?

ドレッシング
出典:https://goo.gl/JHVmiz

全国的に知名度の高い焼肉料理店『叙々苑』。

このお店が提供するオリジナルドレッシングはその美味しさからファンになる人が多く、商品化されるほどの人気の高い一品になります。

芸能界でもファンが多く、『あのニュースで得する人損する人』でお馴染み坂上忍さんも自宅の冷蔵庫に常備するほど。このドレッシングは絶対にマネできないと坂上さんが断言するぐらい再現が難しい味です。

しかし、サイゲン大介はたったの一時間でその味を再現することに成功。試食した『叙々苑 游玄亭 西麻布本館』の店長を務める谷藤さんもこの味を「かなり高いレベル」と認めています。

本家からもお墨付きをもらったサイゲン大介の舌はまさに神の舌と言っても過言ではないようですね。

 

騙したのは人間の舌だけじゃない

この回の放送時は人間の舌だけでなく『味覚センサー』という機械を使って科学的にも分析してみようという試みも行われました。
『甘味』『旨味』『塩味』『酸味』『苦味』の5つの味に分けて正確に分析しグラフ化するのですが、叙々苑ドレッシングとサイゲンドレッシングは完全に一致。
科学的に見ても全く同じ味だという事が立証されています。

スポンサーリンク

 

お笑いの実力は?

お笑い
出典:http://goo.gl/jngijC

料理もそうですが、やはり気になるのは本業のお笑い。

私は『うしろシティ』というコンビ名を聞くのは初めてでしたが結構有名な方たちみたいですね。

お笑いライブが終わった後はサインや握手を求めにファンが行列を作るそうです。

お笑い好きの方はご存知かもしれませんが、『うしろシティ』を知らない方のためにご紹介。

 

『うしろシティ』の経歴

・『平成24年度NHK新人演芸大賞』演芸部門 大賞受賞
・『キングオブコント2012』決勝進出
・『キングオブコント2013』決勝進出
・『キングオブコント2014』準決勝
・『キングオブコント2015』決勝進出

 

キングオブコントのファイナリストに3回も選ばれているみたいですね。

もし優勝していたら、昨年キングオブコントで優勝したコロコロチキンペッパーズみたいに『うしろシティ』の名前が一躍有名になっていたかもしれません。

 

どんなネタがある?

料理だけでなくネタにもこだわっています。

一生懸命考えたネタでもウケなかったら即ボツに。ウケたネタだけを厳選しているようですね。

常に向上心を持ちながらお笑いに臨んでいるようです。

 

キングオブコント 2015 の動画はこちら

コント 『転入生の紹介』 の動画はこちら

 

 

まとめ

新年一発目からの新キャラ登場。番組の期待を一身に背負ってのスタートですね。

初登場時はスーツに帽子を被った次元スタイルで登場するのか個人的にとても気になるところです。

2016年、家事えもんのようにサイゲン大介は今年の顔になれるのか。注目が集まるところですね!

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Views

ページ上部へ戻る