ラッコのおもしろ・かわいい習性!寝る時は手をつなぐって本当?

引用元:http://mirluch.blog49.fc2.com/blog-entry-645.html

水にぷかぷか浮きながら、のほほんと水の上を流れる姿がとても愛らしいラッコさん。

水族館ではみんなのアイドルですよね!ラッコの水槽の前には人だかりが出来てカメラで撮影する人をよく見かけます。

私も以前、水族館にデートへ行ったときは彼女そっちのけでラッコを激写したことがあります。(後ろを振り返ったら水槽のフグみたいに彼女のほっぺたが膨らんでいました笑)
そんなかわいいラッコさんですが、先日職場の上司から気になる情報を入手しました。

「ラッコの寝る姿がかわいい」

寝る姿がかわいい?というかそもそも水の上でどうやって寝るんだ?

 

気になり過ぎて私が眠れなくなりそうなので、しっかりと調べて今夜もぐっすり寝たいと思います。

スポンサーリンク

 

どんな風に寝る?

ラッコ 正面1
出典:http://goo.gl/koF7k

皆さんはラッコがどんな寝方をするか想像できますか?

寝る時は陸に上がる?寝る時もぷかぷか流れてる?まさか寝ない?!

海で生活する習慣のない自分たちにとっては想像がつかないものですよね。

 

まず、ラッコ達は寝る時は外敵から身を守る為に陸上にはあまり上がりません。

やはり寝る時は水面で寝ます。

ここで特徴的なのが寝る時にラッコ達は「コンブ」を使用します。

-こぶまきラッコ-
出典:http://goo.gl/2H5BkD

海底から生えているコンブを自分の身体にグルグル巻きにして潮の流れに流されないように身を守る訳ですね。

 

それにしても最初にこの技を編み出したラッコはかなり頭良いですよね。ノーベル賞をあげたいぐらいです。

 

コンブが無い水族館では?

じゃあコンブが生えてない水族館はどうなるのか。

水族館のラッコの水槽を見てもコンブは生えてないですよね。

 

そんな状況の中でラッコたちは知恵を振り絞ったようです。

 

「手を握ればハグれたりしない!」

 

手つなぎラッコ
出典:http://goo.gl/gCE0yg

という訳で水族館のラッコたちは手を握りあって寝る事があるんです。かわいいですよね!

ネットにラッコたちが手を繋いでいる動画がありましたので紹介させて頂きますね。

かわいすぎる!!

見てるこっちがドキドキしてしまいます(笑)

 

 

何を食べる?

ぷかぷかラッコ
出典:http://goo.gl/hgbRll

お腹の上で貝を割って食べる姿がとても印象的ですよね。

ラッコは貝以外にも魚やカニ、ウニなどを食べます。

泳ぐのは得意な方ではないので魚よりもウニとか貝を食べるのが主流のようですね。

 

しかしカニ、ウニ、ホタテ、アワビ。。。なんか贅沢ですね!お寿司の高級ネタじゃないですか!

生まれ変わったら何になりたい?という質問をされたら今後はラッコと答えようと思います。

 

どのくらい食べる?

「小さなボディだから食べる量もコンパクトかな?」

違うんです。実は結構食べるんです。

ラッコは脂肪が少ないのでたくさん食べないと体の中で熱が作れず凍えて死んでしまいます。

だからたくさん食べる必要があるのです。

 

40kgのラッコを例として考えるなら一日に10kg近くのエサが必要になります。

なのでラッコがいる近辺の海はウニなどが食べ尽くされてしまうので、実は漁師さんからすると少し困った生き物になってしまうという一面もあるのです。

 

 

どこで見れる?

はてラッコ
出典:http://goo.gl/N3IuvU

生ラッコを見たい!という方も多いはず。

しかし、全ての水族館でラッコが飼育されている訳ではありません。

 

国内でラッコが見られる水族館は

・マリンピア日本海(新潟県)

・のとじま臨海公園水族館(石川県)

・アクアワールド大洗水族館(茨城県)

・サンシャイン水族館(東京都)

・八景島シーパラダイス(神奈川県)

・鳥羽水族館(三重県)

・南紀白浜アドベンチャーワールド(和歌山県)

・海遊館(大阪府)

・須磨海浜水族園(兵庫県)

・マリンワールド海の中道(福岡県)

 

になります。近くに飼育中の水族館があればぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

なぜすべての水族館で飼育されない?

日本には約100ヵ所の水族館があります。

人気者のラッコだし水族館全部で飼育したらいいのに、と思いますよね。

しかしこれには理由が3つあります。

 

①輸入が難しい
実はラッコは絶滅危惧種

個体数が激減しており主な生息地であるアメリカからなかなかOKが貰えない状況。

 

②ストレスに弱い
ラッコは見た目のゆるさとは違い、結構デリケートな生き物です。

日本へ輸送中に興奮してしまうと死んでしまう事も。

 

③人工飼育が難しい

野生から離れたラッコは育児の仕方を忘れてしまったのか、生まれてきた子供を上手く育てられない事が多いそうです。

現在飼育を行っている水族館では研究を行っており、繁殖が上手くいくように懸命な努力を行っているそうです。

スポンサーリンク

 

ラッコの豆知識

-ラッコの赤ちゃん-
出典:http://goo.gl/CFMoZ7

毛がふさふさ

さきほどお伝えした通りラッコには皮下脂肪がありません。なのに冷たい水の中を一日中ぷかぷか浮いていられるのはなぜでしょうか?

もちろんご飯をたくさん食べるのもありますがラッコには寒さから身を守るためにたくさんの毛が生えているのです。

その数はなんと8億本

生え過ぎですね(笑)

 

比較として私たち人間の体毛をあげると、表面に現れているもので130万から140万本になります。

頭髪で10万本ぐらいなのでラッコの身体にどれだけ大量の毛が生えているか想像がつきますよね。

 

キレイ好き

さきほどお話した大量の毛皮が寒さを防いでくれる役割を担っているのですが、この防寒機能は毛皮がキレイな状態でないと効果を発揮しません。

ラッコのお手入れ
出典:http://goo.gl/7fLO4w

なので常に手入れを行って清潔さを保つようにしているのです。

 

ラッコさんたちは日々、自分磨きに励んでいるのですね。

ラッコ きれい好き1
出典:http://goo.gl/ynAV0

 

なんで浮いていられる?

ラッコってずっと浮いてますよね。特に泳いでもいないのにぷかぷかと浮き続けています。

ラッコたち
出典:http://goo.gl/koF7k

人間であれば体を動かしていないとどんどん沈んで行ってしまいますよね。

実はラッコの肺は同じ大きさの他の哺乳類と比べて2.5倍近くの大きさを持っています。

なのであれだけ余裕の表情で浮き続けていられるのです。

 

 

まとめ

ラッコって知名度は高いですけど意外と生態については知らない事が多いですよね。

ユニークな特徴がたくさんあって全て書ききれていないですが結構奥の深い生き物です。

今度水族館に行く機会があればまた違った目線で見ることが出来るかもしれません。

 

とにかく一つ言えることは「ラッコはとにかくかわいい!」という事ですね。

 

近くの水族館にラッコがいればぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

お祈りラッコ
出典:http://goo.gl/MKq8MB

リスのおもしろ・かわいい習性!実は高性能?尻尾の意外な役割とは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Views

ページ上部へ戻る