【マツコの知らない世界】営業は昼のみ!絶品間借りカレー5選!

ある世界に人生を捧げたスペシャリストとマツコ・デラックスがトークを繰り広げる番組『マツコの知らない世界』。

2018年2月27日放送の今回はマツコの知らない『間借りカレー』の世界が紹介されました。

プレゼンターは1年間で1152食のカレーを食べた最強のカレーマニア『縫田暁言』さん。

食べログカレー部門でレビュー数1位の彼が勧める間借りカレーはどれも絶品ばかり!

という訳で今回は番組内で紹介された間借りカレーのお店について情報をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

間借りカレーとは?

『間借りカレー』とは昼間営業していない店舗を間借りして、自作のカレーを売るお店のカレーのことを指します。

カレーを食べつくしたマニアたちが趣味で営業している事が多いので、どのカレーも絶品。

そのお店でしか味わえないような個性的なカレーがほとんどなのでカレーマニア達の間でもかなり注目をされています。

日本のカレー業界で密かにブームを見せているのが、今話題の『間借りカレー』なのです。

ちなみに間借りカレーの多くはスパイス調理が基本なので小麦粉は不使用のものが多いのだとか。

低カロリーでヘルシーなのも人気の1つとなっているようです。

 

絶品間借りカレー5選!

ケニックカレー(東京:渋谷)

▼無水キーマ パクチーSP:1300円

縫田暁言さんの食べログ評価:4.1ポイント

『FOXY』というBARを間借りをして営業を行っているカレー専門店『ケニックカレー』。

多い時は100人以上が来店する人気店で、特に女性からの支持を得ているお店になります。

ちなみに今回オススメされた無水キーマ パクチーSPは野菜から出る水分だけで作った濃厚でマイルドなキーマカレーとチーズ、パクチーのバランスが絶妙な一品で、パクチー嫌いのマツコさんに「今まで食べたパクチー料理の中で一番食べやすい」と言わせるほど。

パクチーの苦味がスパイスで中和されるため、苦手な人でも意外と食べられるそうです。

食べログの口コミはこちら

 

ヨコハマシャリランカカレー(神奈川:横浜)

▼シャリランカカレー:950円

縫田暁言さんの食べログ評価:4.3ポイント

老舗お寿司屋さんを間借りして営業を行っているカレー専門店『ヨコハマシャリランカカレー』。

こちらのお店で提供されるシャリランカカレーは和食とカレーを上手く融合させた一品で、

・素材にはタイやヒラメ、カンパチなどの高級魚を使用

・ドライカレーの出汁にはのどぐろや真鯛などの高級魚を5種類以上ブレンド

など、素材にもかなりこだわった上品かつ繊細な仕上がりの一品となっています。

新感覚な味わいなので食べた時は『これカレー?』となるみたいですが、食べた事のない味を探し求める人にとってはオススメの一品かもしれませんね。

食べログの口コミはこちら

 

平日昼だけ(東京:東高円寺)

▼和だしそぼろカレー:980円

縫田暁言さんの食べログ評価:4.0ポイント

骨董品屋さんを間借りして営業を行っているカレー専門店『平日昼だけ』。

秘密基地感のある店構えなので中に入りづらい上に、店内も骨董品だらけでちょっと怪しい雰囲気のお店になります。

しかし日本料理・寿司屋・ラーメン屋など様々な道で修業をしてきたマスターが提供するカレーはまさに絶品。

・鰹、昆布、冬菇、いりこの4種類の出汁がふんだんに使用

・トッピングの天かす、タケノコ、梅干などで味や食感の変化が楽しめる

など、他のお店で積んだ経験があるからこそ出来るオリジナルな一品となっています。

食べログの口コミはこちら

 

堕天使かっきー(大阪:阿倍野)

▼日替わり創作カレー:600円

縫田暁言さんの食べログ評価:4.1ポイント

青空食堂という立ち飲み酒場を間借りして営業を行っているカレー専門店『堕天使かっきー』。

お店は0.8坪ほどの小さなスペースになりますが、堕天使かっきーが営業を行う日は連日大盛況でお店の前には常に行列が出来るほど。

600円とリーズナブルなお値段にも関わらず地元の良質な食材を使って手間ひまかけて丁寧に作っているので、かっきーのカレーには熱烈なファンがたくさんいるみたいですね。

ちなみにかっきー特製の創作カレーはその日その日で味が変わるらしいので、飽きが来ないというのも人気の1つなんじゃないかと思います。

(※営業日は不定期なので行く時は堕天使かっきーのツイッターで営業日の確認が必要です。)

食べログの口コミはこちら

 

スパイスカレー青藍(東京:高円寺)

▼カレー定食2種盛り:1100円

間借りから実店舗になったカレー専門店『スパイスカレー青藍』。

元々はイベントなどでカレーを販売していたお店になりますが、今ではお店を構えるようになり、多い日で70人ほどのお客さんが来店するようになっています。

ちなみにこのお店はカレー1杯1杯に全力を注ぐのが特徴的で、

・スパイスに火をかけて香りを出すところから作り始める

・水分は野菜から出る水分だけで調理する

・トッピングのチーズをかける時は100回以上削る

など、カレーに対して手間暇を全く惜しまないのが青藍のカレーになります。

食べログの口コミはこちら

スポンサーリンク

番外:間借りではないけどオススメのカレー

SPICY CURRY 魯珈(東京:大久保)

▼ろかプレート:950円

カレーマニアの縫田暁言さんもイチオシのお店がこちらの『SPICY CURRY 魯珈』。

台湾料理:ルーロー飯とチキンカレーをあいがけした異色のコラボカレーですが、その味わいはまさに絶品なのだそうです。

食べログの口コミはこちら

 

ニューキャッスル(東京:銀座)

▼辛来飯(カライライス):900円(神田店は800円)

銀座の老舗カレー店『ニューキャッスル』。

このお店の人気メニューがスパイスと野菜をペースト状にしたカレー:辛来飯です。

こちらのお店は東京:神田の焼き鳥さんで間借りカレーも提供しています。

食べログの口コミはこちら(銀座店)

食べログの口コミはこちら(神田店)

カレーバル famille(東京:東武練馬)

酒のつまみにカレーを食べるお店『カレーバルfamille』。

最近はお酒を飲むところでカレーをおつまみにして食べるというお店が流行ってきているみたいですね。

食べログの口コミはこちら

 

まとめ

間借りという新たなスタイルが流行っているのにはビックリでしたね!

個性的で美味しい間借りカレーの世界、気になった方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

おすすめの関連記事

マツコも絶賛!放流が楽しいダムカレーの世界とは?

2017.02.28

【マツコの知らない世界】驚きの進化形!全国の絶品親子丼5種!

2018.02.21

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA