【マツコの知らない世界】プロ直伝!正しい豆選びとコーヒーの淹れ方はこれ!

スポンサーリンク

世間ではあまり知られていないディープな世界をマツコ・デラックスが体験する番組『マツコの知らない世界』。

2018年2月6日放送の今回はディープな『おうちコーヒー』の世界が紹介されました。

プレゼンターは世界チャンピオンのコーヒー豆焙煎士『後藤直紀』さん。

番組内ではオススメの豆の選び方や美味しいコーヒーの淹れ方などが紹介されました。

今回はそのプロが教える豆の選び方や美味しいコーヒーの作り方についてまとめてみたいと思います。

豆の選び方

コーヒー豆を選ぶときは銘柄ではなく『色』で選ぶのがオススメです。

豆の色によって焙煎の深さが分かるのですが、その深さによって『酸味』と『苦味』のバランスが変わってきます。

人間の好みは『香り』よりも『酸味・苦味のバランス』で決まってくるところが大きいので、自分が好きだと思う焙煎度合いの色を見つけてから銘柄選びに入った方がいいです。

つまり自分にあったコーヒー豆を見つける時は、

①好きな色

②好きな銘柄

の順番で見つけるのがオススメという訳ですね。

 

お湯の入れ方

お湯は80~90℃がオススメ

80~90℃のお湯で入れる方が雑味は出にくいので、沸騰したお湯を少し冷まして入れるのがベスト。

沸かし立てで熱々の場合は別の容器にお湯を淹れて少し冷ましてあげるといいかもしれません。

 

注ぐ時はむやみに回さない

フィルターの真ん中辺りに向かってなるべく細く注ぐのがポイント。

フチにお湯を注いでしまうと粉の層が崩れてしまって渋味や雑味が出てしまいます。

注ぎ口の細いポットなどを使って中心に注ぐようにしましょう。

もし注ぎ口の細いポットが家に無い場合は、

・計量カップ

・紙コップ

などでも代用は可能です。

お湯を入れる量やタイミング
①最初

最初は全体にお湯をちょっとだけ注いで蒸らすのがポイント。

いきなり大量のお湯を注いでしまうと味が出にくくなってしまいます。

②蒸らした後

ある程度蒸らしたら中心に向かってお湯を少しずつ入れていきます。

お湯の量は思っているよりも少ない量で大丈夫なので、少しずつゆっくりやっていきましょう。

③後半

時間が経ってくるとイヤな味が少しずつ出始めるので、後半は周りの粉の層を崩さないように注意しながら少しだけスピードアップしましょう。

スポンサーリンク

番組で使用されたアイテム

コーヒーミル

コンパクトでオシャレなデザインですね。

後藤直紀さんも愛用されてるみたいです。

 

ポット

注ぎ口が細くてコーヒーを淹れるのにピッタリな形ですね!

シンプルでおしゃれですし、自宅でコーヒーを淹れる人にはオススメかもしれません。

 

まとめ

私も自分でコーヒーを淹れた事があるのですが、その時は酸っぱくて苦いというイメージしかありませんでした。

今回プロがオススメする方法なら美味しいコーヒーが淹れられるかもしれないのでぜひ試してみようと思います。

自分で淹れたコーヒーはマズいと思っている方も、このやり方でぜひ試してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

オススメの関連記事

【マツコの知らない世界】プロもおすすめの最新コーヒーメーカーとは!

2018.02.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA