【ジョブチューン】歯周病の放置は危険!心臓病の原因になる可能性も!?

あまり知られていない職業の秘密をその道のプロがぶっちゃけるバラエティ番組『ジョブチューン』。

2018年2月24日放送の今回は『歯のケアの重要性』について歯学界の名医:澁川 義幸先生がぶっちゃけてくれました。

歯のケアを怠る事でどんなリスクが高まるのか。

スポンサーリンク

今回はこの事についてまとめてみたいと思います。

歯周病によってリスクが高まる病気

心臓病

歯周病が進行すると歯周病菌が血管に入り込み全身に行き渡るようになります。

その歯周病菌が心臓に到達してしまうと心臓の弁に付着して弁膜症を引き起こします。

更には心内膜炎に発展して血液を正常に送り出すことが出来なくなり、最悪の場合は命を落としてしまいます。

歯みがきをしてて血が出る人は歯周病がかなり進行している人なので注意が必要でしょう。

 

糖尿病

こちらも歯周病菌が血管に入り込んでしまう事が原因となります。

歯周病菌の毒素にはインスリンの働きを邪魔する能力があるため、血管に歯周病菌が入り込んでしまうと血糖値が下がりにくくなってしまうのです。

 

歯周病の予防・改善方法
①歯医者で歯石を取る

3ヵ月に一度のペースで十分なので、歯医者で歯石を取っておくと歯周病の予防につながります。

②歯を磨く前に口の中をよくゆすぐ

歯を磨く前に口の中をよくゆすぐ事で、歯と歯茎の間に入った食べ物や糖分を含んだ液体を外に出す事が出来ます。

音が出るぐらいしっかりゆすぐと効果的です。

歯周病の進行度をチェック
朝起きた時に口の中がネバネバする

歯をみがくと出血する

人から口が臭いと言われた

歯茎が痛い

歯茎が赤く腫れてブヨブヨしている

かたい物が噛みにくく歯がグラグラする

前より歯が長くなったような気がする

歯の間に食べ物が挟まる

上の8つの項目にいくつ該当するかで歯周病の進行度が分かります。

3つ以上当てはまった場合は歯周病の可能性が高く、6つ以上当てはまった場合は歯周病がかなり進行している状態だと言えるでしょう。

寝る前に歯を磨かないとリスクが高まる病気

食道がん・大腸がん

歯を磨かないと夜寝ている間に細菌が口の中で大量発生します。

その細菌の数は朝起きた直後でなんと約1兆個。

この中に発がん性物質を作り出す細菌が潜んでいるので、夜に歯を磨かないと食道がんや大腸がんを発症しやすくなってしまうのです

ちなみに、約1兆個の細菌がどれだけ汚いかと言うと『うんち』と同じぐらいの汚さになります。

 

まとめ

どの病気も歯のケアとは関係なさそうに見えますが、意外なつながりがある事に驚きでしたね。

どれも重い病気になるので歯のケアはしっかりした方が良いかもしれませんね!

 

おすすめの関連記事

【ジョブチューン】誤嚥性肺炎を防ぐ4つの方法!朝起きてすぐに水を飲むのは危険?

2018.02.25

【ジョブチューン】スマホで口が臭くなる?スマホと口臭の意外な関係性とは

2018.02.25

【ジョブチューン】あなたも隠れ味覚障害?簡単チェックで今すぐ改善!

2018.02.26

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA