【ジョブチューン】高血圧にはピーナッツ!予防・改善に抜群の効果アリ!

あまり知られていない職業の秘密をその道のプロがぶっちゃけるバラエティ番組『ジョブチューン』。

2018年2月10日放送の今回は『高血圧に効果のある食べ物』について医学界の名医がぶっちゃけてくれました。

ピーナッツが高血圧の悩みを解消してくれる理由とは一体何なのか。

今回はこの事についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ピーナッツが効果的な理由

▼循環器内科医:渡辺 尚彦先生の見解

高血圧に効果的な栄養素は『カリウム』と『ポリフェノール』の2つです。

高血圧は『塩分の取り過ぎ』と『血管の収縮』が原因で起きるのですが、カリウムとポリフェノールにはこの2つの症状を和らげる働きがあります。

それぞれの栄養素の働き
カリウム:体内の余分な塩分を外へ出す

ポリフェノール:血管の収縮を抑え拡張させる

この2つの栄養素を効率良く摂取出来るのが『ピーナッツ』です。

ピーナッツにはカリウム・ポリフェノールがバランス良く含まれているので高血圧には最適の食べ物だと言えるでしょう。

カリウムが含まれる主な食べ物
ピーナッツ:770mg

バナナ:360mg

メロン:350mg

(可食部100g当たり/100mg)

ポリフェノールが含まれる主な食べ物
ピーナッツ:420mg

ブルーベリー:300mg

赤ワイン:230mg

(可食部100g当たり/100mg)

ピーナッツを1日20粒ずつ37日間食べ続けるといった実験も実際に行われているのですが、

実験前:139mmHg

実験後:131mmHg

という結果が出ているため、ピーナッツが高血圧に効果があることは間違いないです。

バタピーや柿ピーはNG
バタピーや柿ピーは味付けに塩分が多く使われているのでオススメできません。

効果が期待できるのは「殻付き」か「素煎り」のピーナッツだけです。

赤い薄皮の部分にポリフェノールが含まれているので皮ごと食べましょう。

スポンサーリンク

酢とピーナッツは最強のコンビ

ピーナッツだけでも効果は十分ありますが、それを更に高める働きをしてくれる食品があります。

それが『お酢』です。

お酢に含まれる酢酸には、

・血流を改善

・血管を広げる

働きがあるのでピーナッツとの相性が抜群。

ピーナッツ本来の味に飽きたり、効果的な食べ方をしたい人は酢ピーナッツに酢を付けて食べるといいかもしれません。

酢ピーナッツの作り方

材料
ピーナッツ:200g

酢:300ml(リンゴ酢が甘くておすすめ)

▼作り方

①:タッパーなどの保存容器にピーナッツと酢を入れる。

②:冷蔵庫に入れて寝かせる

③:完成!

半日でも食べられますが、3~5日後が食べごろになります。(※賞味期限は1ヵ月ほど)

 

まとめ

冬は寒さの影響で血圧が乱高下しやすい季節。高血圧によるリスクが特に高まりやすい時期です。

高血圧でお悩みの方はピーナッツを毎日食べて血圧改善にぜひ努められて下さい!

 

おすすめの関連記事

【ジョブチューン】睡眠負債の改善・解消にはキムチが効果的!

2018.02.10

【ジョブチューン】アボカドで肩こり解消!ビタミンEが予防・改善に効果的!

2018.02.10

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA