ホンマでっかで科学的に説明!旅行先での予定は決めた方がお得?

アイきゃち

ホンマでっかTVの人気コーナー『アナタはどっち派?得するホンマでっか』で、旅行の予定はしっかり決めるべきか、それとも行き当たりばったりがいいのか、どちらが得なのかを評論家の方たちが科学的に説明されました。

確かに旅行先での行動ってその人の性格がよく現れますよね。
しっかりと計画を立てて余すところなく楽しむ!という人もいれば、計画通りはつまらないから気の向くままに行動する!という人もいます。
旅行の楽しみ方の違いで言い争いをした人も中にはいると思いますが、旅行先でのケンカって致命的ですよね。せっかくの旅が台無しになってしまいます。

どちらの楽しみ方も間違っていないと思いますし、自分のスタイルがあると思いますが科学的に見るとどういう見解になるのでしょうか。

という訳で今回は旅行は予定を決めるべきなのかどうなのか評論家の方たちの科学的意見をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

 


ホンマでっかメンバーはどっち?

■しっかり決める派

・IZAM
・明石家さんま
・小杉竜一(ブラマヨ)

 

■行き当たりばったり派

・磯野貴理子
・吉田敬(ブラマヨ)
・吉岡美穂
・マツコデラックス
・あびる優
・才賀紀左衛門

 


それぞれの意見は?

どっち

■しっかり決める派の主張

・明石家さんま
「普段は行き当たりばったりだけど旅行の時はさすがに予定を決める」
「段取りを組んで行動しているのだから、行き当たりばったりの考えだと困る」
「もし旅行先でレストランなどの予約を取ってなかったりしたら絶対怒るでしょ」

・IZAM
「大人として次の日の予定があるんだから気分で急に行動を変えるのは良くない」

 

■行き当たりばったり派の主張

・あびる優
「前日が楽しくて飲み過ぎたりしたら翌日の午前中とか起きれない」
「予定を立てていくと修学旅行に行ってる気分になる」

・吉岡美穂
「その時の天候や気分があるから、その時その時で違う」
「バカンスなんだからゆっくりしたい」

・磯野貴理子
「せっかくの旅行なんだから好きな事したい」

・マツコデラックス
「別にレストランの予約とか取ってなくても、その時空いてるレストランに入って現地の食べ物が食べられればそれでいい」
「なんにも予定がなくてどうしようかと悩んだ時は何にもしない」

スポンサーリンク

 


各科学での根拠は?

科学的

■統合医療(亀井眞樹先生)

しっかり決める方が得!

理由:
人間は何かをする時に、行動にかかる時間を見積もります。しかし実際に行動してみると思っていたよりも6割増しで時間がかかります。
行き当たりばったりは一見楽しそうに見えますが、効率がとても悪いので時間がたっぷりあると思っていても気づくとあっという間に時間が経過しています。
そしてたくさん考えることにより夕方頃には判断疲れが起きて晩御飯も「適当でいいよ」という事になってしまいがちです。

 

■心理学(植木理恵先生)

行き当たりばったりの方が得!

理由:
行き当たりばったりの要素が高い方が豊かな旅行と言えます。行き当たりばったりというといかにも何も考えていないように聞こえますけど、実際に記憶の様子などを測ってみると行き当たりばったりの人の方が「次に何しよう」「この後どうしよう」というように、ずっと物事を考えている状態にあります。
常に頭を働かせたり、クヨクヨ・イライラ・モヤモヤという色んな感情を感じるのは一見のんびりしている人の方が忙しいのです。

現地で色々な判断を下す旅行というのは記憶に残るので、行き当たりばったりの旅行の方が思い出として残りやすいのです。

 

■脳科学(澤口俊之先生)

行き当たりばったりの方が得!

理由:
旅行というプライベートな時間においても効率性を求めて行動するのは旅行を仕事化しているのと一緒です。
旅行の時ぐらいは効率を考えない非効率的な脳の使い方を行った方が脳には良くて、逆に脳が随所で効率的に働くようになります。
そして現地に行ってその場で決めていこうという探求心が集中力ややる気UPに繋がるのです。

 

 


まとめ

科学的には行き当たりばったり派の方が少し良さそうな意見の様です。

確かに現地でやりたい事を見つけてやる方が旅行を楽しんでるという気分になれるし、本当に休みを満喫している気分になれそうですね。

それに旅行先でのハプニングも1つの良い思い出。
そういった事も楽しめるぐらいの気持ちで旅行に臨むといいかもしれませんね。

 

ちなみに他にもホンマでっかTVで紹介された役に立つ知識をまとめた記事がありますので、もしよかったらそちらもあわせてご覧ください!

ホンマでっかTVのまとめ

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Views

ページ上部へ戻る