ホンマでっかTVで科学的に解説!自宅で簡単にできる健康診断とは?

学生にとっては春ですが、社会人にとって秋は健康診断の時期ですよね。

結果を見て思わずため息をついてしまう人も多いのではないかと思います。

 

そんな健康診断について、今回のホンマでっかTVでは評論家の方たちが自宅でも簡単に出来るチェック方法をいくつか教えてくれるそうです。

 

がんや緑内障など、早期発見できれば対処方法が全然変わってきますからね。非常に役立つ内容だと思います。

 

という訳で今回もそんな情報の数々を詳しくまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

統合医療の健康診断:がんの疑いを確認

がん

チェック方法

①手を膝の上に置きます

②置いた手を同じ高さに振り上げながら、膝の同じ場所を手のひら→手の甲→手のひら・・・の順番で交互に叩く

③この動作をなるべく早く繰り返す(10秒ほど)

④片方の手が終わったら、もう片方の手もチェックする

 

確認するポイント

①いつも同じ高さで振り上げているか
(不規則に高くなったり低くなったりしていないかを確認)

②交互にちゃんと打てているか
(手のひら・手の甲のどちらかが続いていないか確認)

③同じ強さで打てているか
(叩く音の大きさが一定か確認)

 

肺がんの可能性を確認

このチェックを行うと自分に肺がんの疑いがあるかどうか確認できます。

 

振り上げる高さ・叩き方の順番・音の大きさがすべて一定に行えれば問題はありませんが、①②③をスムーズに行えない場合は肺がんの疑いがあります。

(※利き手じゃない方で間違えるのは自然なことです。練習すれば上手くなりますが、いくら練習しても上手くならない場合は要注意かもしれません。)

 

このチェックで分かること

このチェックで見ているのは人間の小脳の機能になります。

この動作をスムーズに出来ないということは小脳の機能が低下している可能性が高いです。

 

小脳の機能が落ちる原因はいろいろありますが、実はがんの初期症状に小脳の機能低下が多く見られます。

特にこの傾向は肺がんが多いのです。

 

小脳の機能が低下すると『足がもつれる』『物を倒す』といった症状が見られますが、このチェックを行えば早期でがんを発見することが出来るのです。

 

 

心理学の健康診断:メンタルヘルスの確認

ストレス

チェック方法

Q、下の3つの質問に対して【A】または【B】を選んでください。

①今の給料は満足ですか?
A:満足 B:不満足

②誰かがアナタの悪口を言っていました。
A:知りたい B:知りたくない

③今、行くのが嫌だなと思う仕事はありますか?
A:ある B:ない

 

寿命の長さを確認

このチェックを行うとその人が長生きするかどうかを確認できます。それぞれの質問で、

①番がA
②番がB
③番がB

と回答した人は長生きできない可能性が高いです。

 

このチェックで分かること

このチェックで見ているのはその人のストレスです。

ストレスは寿命を縮めると考えられてきましたが、実はハーバード大学の研究でストレスを感じれば感じるほど『寿命が長くなる』という事が研究データではっきりと証明されています。

 

『病は気から』という言葉の通り、ストレスが原因で病気になると思いこんでいる人は実際に病気になりがちですが、

「人の悪口をあえて知ろうとする」
「嫌な仕事にあえて立ち向かおうとする」

 

というように、ストレスに立ち向かおうとする人は免疫力が高くなる傾向が見られます。

 

『逆境を好む』『ハングリー精神』のように、適度なストレスを快楽に変換できる人はとても長生きしやすい人だと言えるでしょう。

 

 

脳科学の健康診断:脳の老化を確認

脳

チェック方法

①目隠しをする

②0~9の形をした飴を口に入れてもらう

③10秒以内に舌の感覚だけで数字を当てる

※数字の飴でなくても星や丸、四角の形をした飴を使ってチェックする事もできます。

数字キャンディが作れる型はこちら【Amazon】

 

脳の老化具合を確認

このチェックを行うと脳が老化しているかどうかが分かります。

もちろんではありますが、10秒以内に正解しないと脳が老化している可能性が考えられます。

 

このチェックで分かること

このチェックで見ているのは舌の感覚です。

実は舌の動きと舌の感覚というのは脳機能とともにどんどんと下がっていくのです。

 

脳機能の老化は20代から徐々に始まっていくのですが、その典型的な例が舌の感覚なんです。

 

舌を使う運動をすることによって脳機能も向上しますので、普段から意識して舌を使うことをオススメします。

 

ちなみにストレスが多い場合も舌の感覚が鈍ることがあります。

スポンサーリンク

 

動作解析学の健康診断:腰痛予備軍の確認

腰

チェック方法

■チェック1

①足を内側にひねる

②足首の端から端まで線(しわ)が入っているか確認する

③くるぶし見えるかどうかを確認する

 

■チェック2

①足のつまさきキュッと上げる

②外側のくるぶしの一番高くなっている部分からアキレス腱までの長さを確認する

 

腰痛予備軍の可能性を確認

このチェックを行うと自分が腰痛予備軍かどうか確認することができます。

まずチェック1の場合は、

・端から端まで線(しわ)がきれいに入っている
・くるぶしが見えない

 

この2つに当てはまる人は腰痛予備軍ではありません。

そしてチェック2の場合は

・外側のくるぶしからアキレス腱までの距離が4cm以内

 

であれば腰痛予備軍ではありません。

逆にこれらの条件にあてはまらない人、

・端から端まで線(しわ)が入っていない
・くるぶしが見える
・外側のくるぶしからアキレス腱まで4cm以上

 

の方は腰痛予備軍だと言えます。

 

このチェックで分かること

これらのチェックで分かることは普段の歩き方です。

 

実はさっきほどの診断で腰痛予備軍となった人は、親指の先っぽを使って歩いていない傾向があるのです。

 

そのため変な歩き方になってしまい、腰に負担がかかってしまうのです。

 

 

ひざ関節学の健康診断:変形性膝関節症の確認

ひざ

チェック方法

①新品のトイレットペーパーの芯の部分にスプレー缶などを入れる(潰れないようにするため)

②イスを2脚用意して片方に座る

③もう片方のイスの上に体重計を乗せて、その上にさきほどのトイレットペーパーを置く

④トイレットペーパーの上に自分のひざを乗せる。(手は自分の胸の上にクロスさせた状態)

⑤まずは足をだらんとした状態で重さを測定(足だけの重さを測る目的)

⑥今度はひざをピンと伸ばし、ひざの裏でトイレットペーパーを押さえつけながら重さを測定(自分の体重をかけないように上体はまっすぐ)

⑦ひざを伸ばした時の測定値から、ひざをだらんとした時の測定値を引いた数値を計算する(この数値がひざを伸ばす力になります)

 

変形性膝関節症になる可能性を確認

このチェック行うと自分が変形性膝関節症になるかどうか分かります。

さきほどのチェックで計算したひざを伸ばす力が7kg以上ないと変形性膝関節症になる可能性が考えられます。

 

このチェックで分かること

このチェックで分かることは太ももの筋肉がどれだけあるかということです。

 

ひざを伸ばす力が弱くなっているという事は太ももの筋肉が衰えている可能性があります。

 

そのため将来ひざが痛くなってしまうかもしれないのです。

 

イスに座りながら前に向かって足をピンと伸ばす動作を朝夕50回ずつやっていると太ももの筋肉も回復してくるので、今回の数値が低い人はぜひトレーニングをされてください。

 

 

生物学の健康診断:緑内障の疑いを確認

緑内障

※緑内障とは?
老化で眼圧が高くなり網膜が壊死してしまう病気。

徐々に見えづらくなり、場合によっては失明してしまうこともあります。

チェック方法

①目はつぶらずに片目だけ手で覆う

②砂嵐のノイズ画面を見る(10秒程度)

③次に反対側の目で同じことを行う

※ネットで『砂嵐』を検索すればYoutubeなどにアップされているので簡単に確認できます

 

緑内障になる可能性を確認

このチェックを行うと自分に緑内障の疑いがあるかどうかわかります。

片目ずつチェックを行ってみて、画面のどこかが他と違ってみえたり、左右で見え方が異なっていたら緑内障の疑いが考えられます。(画面の一部分がかすんで見えるなど)

 

このチェックで分かること

このチェックで分かることは視野の異常です。

 

実は人間の脳は見えない部分を無意識に補う性質があります。

 

例えば、左目に異常が起きて視野の一部分が見えない状況になったとしても、正常な右目がその部分を補ってしまうのでまったく異常が無いように感じてしまうのです。

 

網膜細胞は壊死すると再生しないので、このチェックで早期発見して進行を止めることがとても大事なんです。

 

 

まとめ

どれも簡単に出来るチェック方法でビックリでしたね。

 

気軽に出来ることなので、がんや緑内障などで手遅れになる前にも空き時間で毎日確認していきたいですね。

 

☆ホンマでっかTVの役立つ情報についてまとめた記事はこちら

ホンマでっかTVのまとめ

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Views

ページ上部へ戻る