ホンマでっかで科学的に説明!誕生日で寿命・病気の傾向が分かる?

アイキャッチ

自分がこの世に生まれた日『誕生日』

一年に一度だけやってくる自分にとっての特別な日ですね。

後から日にちを変更したりも出来ませんし、選んで産まれてくる事も出来ないのでその日とは一生の付き合いになります。

そんな運命によって決められた誕生日を科学的に見てみると驚くことに寿命や病気、性格などその人の様々な傾向が見えてくるのだそうです。

まさに「ホンマでっか!?」と疑いたくなるような事実ですね。血液型とかならまだしも、生まれた日で変わるのは占いだけだろうと思っていました。

今回はそんな驚愕の内容をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

 


秋に生まれると長生きする

長生き

出典:http://goo.gl/vvHSfs

■総合医療:亀井眞樹先生

アメリカのシカゴ大学の研究グループが1880年~1895年の間に生まれた人で100歳以上の長寿を誇った方1500人を対象に調査を行いました。

その結果100歳以上の長寿者の多くは9~11月生まれが多かったそうです。

逆に100歳以上の長寿者が少なかったのは3~7月生まれの人に多かったというデータもあがっています。

特に3・5・7月生まれの人は9~11月生まれの人たちより100歳まで生きる確率が40%も低いという状況でした。

ちなみに健康面でみると5月生まれが最も健康的で2番目に健康的なのは7月になります。

実は生まれ月で『なりやすい病気』と『なりにくい病気』というものがあって、アメリカのコロンビア大学の研究グループが約170万人の人を対象に生まれ月と1600種類の病気との関係性を調査したところ、55種類の病気は関係性があるということが判明したのです。

 

・誕生月でなりやすい病気

1月:心臓・血管

2月:心臓・血管・肺がん

3月:心臓・血管・前立腺がん

4月:心臓・血管

5月:-

6月:-

7月:-

8月:-

9月:呼吸器

10月:呼吸器

11月:呼吸器

12月:-

(-の部分は番組内で発表がありませんでした。)

 

・誕生月でなりにくい病気

1月:-

2月:呼吸器

3月:呼吸器

4月:呼吸器

5月:呼吸器

6月:-

7月:-

8月:-

9月:心臓・血管

10月:心臓・血管

11月:心臓・血管

12月:-

(-の部分は番組内で発表がありませんでした。)

 

先ほど紹介した秋生まれが長生きするという理由は表を見ると分かる通り、9~11月の人が呼吸器などの軽度な病気に感染した際に先に免疫力が鍛えられ、尚且つ心臓や血管などの大きな病気になりにくいので長寿につながるのではないかと考えられています。

逆に5月生まれは普段健康であるが故に病気に対する免疫があまり出来ておらず、急な大病に抵抗出来ないため長寿者が少ないという傾向にあるようです。

 

■教育評論家:尾木直樹先生

実は血液型も健康に影響を及ぼします。O型は抗体が強い傾向にあるので5月・7月生まれのO型は更に健康的だと言えます。

 


秋に生まれた人は運動能力が高い

運動

■生物評論家:池田清彦先生

秋生まれの人は運動能力が高い傾向にあるというイギリスの研究結果があります。

そのデータによると特に運動能力が高いのが11月。4月生まれの人と比べると

・走る速度が10%速い
・ジャンプする高さが12%高い
・力が15%強い

というデータが出ています。

この傾向は恐らくビタミンDを作る能力に関係しているのではないかと考えられています。

人間は日光を浴びるとビタミンDが生成されるのですが、秋生まれの子供は妊娠後期がちょうど夏の時期に当たるので日光をたくさん浴びた母親の体でビタミンDがたくさん生成され、胎児に好影響を及ぼしていると考えられているのです。

 


春生まれの人はプロ野球選手やサッカー選手になりやすい

プロ野球

■環境評論家:武田邦彦先生

プロ野球選手やサッカー選手の統計を見てみると4~6月生まれは全体の約30%を占めます。

逆に1~3月生まれの人は全体の約15%ほどで4~6月生まれの半分以下。

その理由は小学校の学年分けだと言われています。

早生まれと遅生まれの間には最大で1年近くの時間差があるので体格差が生まれ、それによって運動能力の差が生まれます。

しかもこの運動能力の差は20歳になるぐらいまで引きずってしまうのです。

 


生まれ月から職業の傾向が分かる

職業

■脳科学評論家:澤口俊之先生

生まれ月によって職業の傾向も分かるという研究がアメリカで発表されています。

・誕生月の職業の傾向

1月:借金に関連する仕事

2月:アーティスト

3月:パイロット

4月:-

5月:-

6月:-

7月:高収入のアメフト選手は少ない

8月:高収入のアメフト選手は少ない

9月:スポーツ選手・物理学者

10月:-

11月:-

12月:-

(-の部分は番組内で発表がありませんでした。)

スポンサーリンク

 


生まれ月によって性格が変わる

性格

■心理評論家:植木理恵先生

何月に生まれたかというのはその人の性格形成に大きく関わってきます。

4~6月に生まれた子は体も大きく身体能力も高いので幼少期から自信のある人間に育っていくという傾向があります。

逆に1~3月生まれの子は小さいながらも失敗経験をたくさん積みながら頑張って育っていくので、弱い人の痛みが分かる優しい子に成長する傾向があります。

子供を育てる場合、4~6月生まれなどの自分に自信のある子には自分より弱い立場の人間とか学年が下の立場の人間などと遊ばせるとより優しい子に育ちます。

逆に1~3月の早生まれの子には成功体験などをたくさんさせたり、褒めて伸ばしてあげることが大事になります。

 

 


アメリカでは翌年の入学が認められている

入学

■教育評論家:尾木直樹先生

発達などの違いを考慮してアメリカでは一年遅らせて学校に入学をすることが認められています。

日本ではまだ認められていませんがお受験でそういった部分が考慮されていて、生まれ月により入学試験の日程を変えている幼稚園や学校があります。

場所によっては受験内容自体が違う所もあります。

 

 


みずがめ座は交通事故に遭いやすい

交通事故

■マーケティング評論家:牛窪恵先生

愛知県警が取った統計によると歩行者の事故に遭いやすい方の1位が『みずがめ座』、2位が『やぎ座』となっています。

そして自転車の事故についても1位が『みずがめ座』で2位が『やぎ座』、3位が『うお座』となっています。

みずがめ座については高齢者事故も1位、ドライバー当事者事故も2位という結果が出ています。

ちなみにこういう結果になった理由についてはっきりとした答えはありませんが、1つ言われているのはみずがめ座を含む1~3月生まれの人は集中力が欠けているのではないかという事です。

澤口先生のデータにもあった通り早生まれの方はアーティスト系の方が多く、発想力が豊かな人が多いのですが逆を言えば話があちらこちらに飛んでしまうタイプなので集中力が欠けているということも同時に言えるのです。

 

■脳科学評論家:澤口俊之先生

1~3月生まれは冒険性が強いというデータが出ています。その根拠というのは脳内ホルモンです。

特にドーパミンが多く分泌されていて、新奇追求性が高く危険を好む傾向が見られます。

こういった危険を好む行為はイコールすると芸術性が高いという事になるので、芸術的な行為を運転にも求めてしまいます。

その結果、危険な運転を行ってしまい交通事故に繋がるのではないかと考えられます。

 


誕生日は盛大に祝った方がいい

盛大

■心理評論家:植木理恵先生

心理的には誕生日は盛大に祝った方が良いとされています。

なぜかというと、何かを頑張ったからという条件付きで祝われるのではなく生きているだけでみんなが祝ってくれるという日は誕生日ぐらいしかないからです。

誕生日を盛大に祝われた経験を子供時代の時に多くしている人ほど創造性が高いという傾向があります。

無条件で祝ってもらうことでその人の心に余裕が生まれ、逆に条件付きでしか祝われないという経験は心に余裕を無くしてしまいます。

条件が無くても認めてもらえるんだという経験が心の余裕に繋がり、チャレンジ精神・クリエイティブな発想・自己開示力を身に付けるきっかけとなるのです。

 

■教育評論家:尾木直樹先生

赤ちゃんの時にみんなでバースデーパーティーをすると頭が良くて積極的な子供に育ちます。

たくさんの大人がその子に関わってくれる上に、お祝いでみんながニコニコとしてくれる事が赤ちゃんにとってとても好影響を与えるのです。

 

■脳科学評論家:澤口俊之先生

脳科学的観点からしても赤ちゃんの時に誕生日を祝うことは非常に好影響を与えます。

人間は生後1~3ヵ月で脳が急速に発達し、3ヵ月後には大人の55%程度の大きさまで成長します。

1歳のバースデーパーティーは本人の記憶の中には残らないかもしれませんが、脳の発育としては非常に良いのです。

 


男は誕生日の前に、女は誕生日の後に亡くなる事が多い

男女

■教育評論家:尾木直樹先生

カリフォルニア州に住んでいる約300万人の住民を対象に調査を行ったところ、女性は誕生日の翌週に亡くなる事が多く、男性は誕生日の一週間前に亡くなる事が多いというデータが出ました。

これは男性と女性において誕生日への捉え方に違いがあることが原因です。

男性は誕生日の事を『デッドライン』と呼び、これまでの人生を振り返り良い事なんてあまりなかったなと悲観しやすい傾向があります。

一方女性は誕生日を『ライフライン』と呼び、これからの人生を楽しみにする傾向があるのです。

 

 


まとめ

誕生日で人生が変わる事にもビックリですが、誕生日に関してこれだけ科学的に研究されていたという事に対してもビックリですよね。

あくまで統計学なので必ず当てはまるという訳ではないと思いますが、今回の『ホンマでっかTV』の科学的分析がみなさんの参考になればと思います

 

ちなみに他にもホンマでっかTVで紹介された役に立つ知識をまとめた記事がありますので、もしよかったらそちらもあわせてご覧ください!

ホンマでっかTVのまとめ

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Views

ページ上部へ戻る