超イケメン!あさが来た五代役のディーンフジオカって何者?経歴は?

アイキャッチ

出典:http://goo.gl/mqGx1y

連続テレビ小説『あさが来た』で一躍ブレイク!初めて見た時はイケメン過ぎて今まで注目されなかったことにビックリしました。

そんなイケメンで今話題のディーンフジオカさん。

俳優になるまでの経緯や家族について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 


プロフィール

プロフィール

出典:http://goo.gl/T0K0TF

本名:藤岡竜雄

生年月日:1980年8月19日生まれ

出身:福島県

血液型:A型

身長:180cm

趣味:中国武術、キックボクシング、チェス、写真撮影、瞑想

特技:ギター、ドラム、作曲、作詩、スキー、バスケボール

所属事務所:アミューズ

 


日本生まれ

日本生まれ

出典:http://goo.gl/aMg2Gi

「ディーン・フジオカ」と聞くと「日系2世?日本人じゃないのかな?」と思いがちですが生まれは福島県、育ちは千葉県で日本に生まれ育った方です。

両親も日本人なのでディーンさんは純粋な日本人になります。

小さい頃から容姿端麗だったようで、第10回ジュノンボーイコンテストのファイナリストにも選ばれていたそうです。

ちなみに高校までは日本ですが高校卒業後はアメリカの大学に進学。この時アメリカを選んだ理由は2つあります。

 

①花粉症がひどかった

→昔は花粉症に効く良い薬が今ほどになかったそうで、重度の花粉症だったディーンさんは「ここでは生きていけないな」と思っていたそうです。

②ITの勉強をしたかった

→ちょうどインターネットが日本に浸透し始めた頃で父親もインターネットを利用していたそうです。
そんな姿を見て「インターネットを勉強したいな」と思い、ITの本場アメリカの大学に進学することを決めたそうです。

 

2つの理由を聞いて②の理由がメインのように聞こえますが本人曰く①の花粉症の方が決め手だったとか。

でもその選択が今の活動のきっかけになったと思うとすごい話ですよね。

 


俳優になるまで

俳優になるまで

出典:http://goo.gl/S7thWu

アメリカ:シアトルの大学を卒業後はそのままアメリカに住み続ける予定だったのですが、あの大規模テロ「9・11」の影響でビザが取れなかったそうです。
そんな時に思い出したのが大学在学中の教授の言葉、

「21世紀はアジアの時代だ!」

を思い出しアジアに目を向けてみよう思いアジア放浪を決めたそうです。

その時に周った国は

・韓国
・中国
・ベトナム
・カンボジア
・タイ

これらの国を3ヵ月の間に節約しながら旅をしていたのですが、さすがに資金も少しずつ減っていく訳です。

そんな時に香港のクラブである人と運命的な出会いを果たします。

 

俳優の世界に入るきっかけとなった人物、それが香港ファッション誌のエディター。

イベントに飛び入り参加してラップを披露したところ、その人の目に留まり「モデルをやってみないか?」と誘われたんだそうです。

当時は旅行資金を稼げるなら…とアルバイト感覚で始めたそうです。

初仕事は雑誌の特集だったのですが、デビューしたてでいきなりの6ページ!その頃から何か光る物があったのかもしれないですね。

 

その後はミュージックビデオやCMなどの仕事も入るようになり、「演技も面白いな」と思い始めた矢先に映画のオファーが舞い込んできます。

こうして俳優:ディーンフジオカが誕生した訳ですね。

 


『ディーン』の由来は?

由来

出典:https://goo.gl/4LAUYV

やはり気になるのは日本人なのになぜ名前が『ディーン・フジオカ』なのかですよね。
この『ディーン』はどこから来たのか。

実はアメリカ在住時代に友人から貰ったニックネームになります。
広東語で『ディーン』というと英語で言う『クレイジー』に似た意味があるそうで、みんなに覚えて貰えるようにという意味も込めて『ディーン・フジオカ』という名前にしたそうです。

やはり役者デビューを果たした香港で「藤岡竜雄」という名前で活動しても現地の人になかなか覚えて貰えないですからね。

 


マルチリンガル

マルチリンガル

出典:http://goo.gl/t1xukl

アジア各国を放浪した上に、現在も日本だけでなく各国で活躍中のディーンさん。

・日本語
・英語
・北京語
・広東語
・インドネシア語

と、語学にとても明るく活動の幅がとても広い方ですね。

ちなみに先ほど話に出てきた映画のオファー(※主演です)は香港映画なのでセリフはメインが広東語で1~2割は北京語だったそうですが、この時には生活に困らない程度の会話が出来ていたので撮影も無事終えることが出来たそうです。

昨年は英語圏のドラマ「荒野のピンカートン探偵社」で全米デビューをしていますし、世界規模での活躍が今後も期待されますね。

スポンサーリンク

 


大阪の街が大好き

大阪

出典:https://goo.gl/Fl1jOC

連続テレビ小説『あさが来た』に出演していた際に、ドラマの中でもプライベートでも居住していた土地『大阪』。

大阪は台北に住んでいた頃と街並みが似ているのでとても懐かしくて落ち着くのだそうです。

それに、ドラマの中で『五代友厚』と出会えた事をきっかけに自分の祖国である日本について深く考えるようになったそうですが、そういったきっかけを自分に与えてくれた大阪の地は自分の中で帰ってくる場所のように感じているのだとか。

色んな出会いを与えてくれた大阪はディーンさんにとって故郷の1つ。この地に定住出来たら良いなと思えるほど大好きなのだそうです。

 

 


仕事の後の一杯は

楊枝甘露

出典:http://goo.gl/DPNhQI

仕事で疲れた後はビール!と普通はいきたいところですが、ディーンさんはお酒が弱くあまり飲まないのだそうです。

そんなディーンさんが仕事終わりによく飲んでいた一杯は楊枝甘露という飲み物。楊枝甘露は広東語で日本でいうとマンゴータピオカジュースに近い物になります。

香港時代に朝から晩までゾンビのように働いた後、自分へのご褒美にこのジュースを買って飲んでいたそうです。疲れた時は甘い物が欲しくなりますからね。

 

 


結婚してる?

結婚してる?

出典:http://goo.gl/aMg2Gi

甘いマスクで多くの女性を魅了したディーンさん。
やはり気になるのは独身かどうかですね。

 

現在35歳。やはり結婚されていました。
キレイな奥様とお子さんが2人に囲まれて幸せな家庭を築いているそうです。

ヴァニーナさん

ディーンさんは穏やかで優しく、包容力のありそうな方ですからね。独身時代は周囲の女性からは大人気だったでしょう。

ちなみに奥様はインドネシア人女性でオーストラリアで育った『ヴァニーナ』さん。

ヴァニーナさんは愛の溢れるとても優しい方で、困っている人がいると放っておけないタイプ。

でも厳しい時はとても厳しい方でディーンさん曰く奥様は「ジャカルタの虎」だそうです。

 

将来は日本に定住しないのか気になるところですが家族が日本語を喋れないため日本に住むのはあまり現実的ではないかもしれません。

本人も日本・台湾・インドネシア・アメリカと全ての国に愛着があり、それぞれの国で活躍したいという思いがあるので1つの国に収まるのはなかなか難しいでしょうね。

 


まとめ

次のクールのドラマ:ダメな私に恋してくださいではドS役を熱演予定のディーンさん。演じる姿が全く想像が付かないですね。

そんなギャップを楽しみにしながらこれからのディーンさんを応援していきましょう!活躍に期待です!

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Views

ページ上部へ戻る