アブナイ夜会にディーンフジオカが出演!フォーへのこだわりがすごい?

出典:http://goo.gl/NuQ7nL

日本で大ブレイク中の『ディーンフジオカ』さん。

今やテレビで見ない日は無いんじゃないかというぐらいバラエティに連日出演してますよね。

そんなディーンさんが今夜はアブナイ夜会に出演。演技だけでなく食に対してもすごいこだわりがあるそうです。

その中でもフォーが特に大好物。食べる時の真剣な眼差しは尋常じゃありません。

という訳で今回はディーンさんのフォーに対するこだわりについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

フォーへのこだわり

こだわり
出典:http://goo.gl/lmlekX

実はグルテンアレルギーを持つディーンさんは小麦粉が使用されている料理、パンやパスタ、ラーメン、うどんなど様々な料理が食べられません。ですが、そんな中でも米粉を使用しているフォーは食べることが出来ます。なのでディーンさんのフォーに対するこだわりが尋常ではないのです。

そんなディーンさんの理想のフォーはウエストコーストタイプの『ビーフフォー』。アメリカの食材を使って作るベトナム料理ですね。今まで数々の場所を転々としてきてその土地その土地で美味しいビーフフォーがあるお店を見つけてきたそうです。

しかし、日本ではベトナム料理店を20軒以上巡ったものの納得のいく味にまだ辿りつけていないディーンさん。今回のロケで2つのお店に訪問するそうですが、果たしてディーンさんを満足させられる味に辿りつけるのでしょうか。

ちなみに見つかったら1日1回は食べに行きたいそうなので食べに行ったらお店でばったり出会えるかもしれませんね。

 

 

理想のフォー

理想
出典:http://goo.gl/l0sNnd

ビーフフォーの特徴は?

一般的なフォーは『チキンフォー』になります。では『ビーフフォー』との違いはというと、

・生の牛肉にスープをかけてしゃぶしゃぶして食べる
・別盛りの生野菜を一緒に食べる(バジルやコリアンダーなど)

になります。

 

ディーンさんの理想は?

こだわりの男、ディーンさんの理想のフォーは以下になります。

・スープは熱々
・背油がスープの上に少し浮いてるのがいい
・平たい麺は嫌い
・麺は少し固めで
・肉は赤身の残った半生
・ソースは赤と黒の2種類
・新鮮な野菜を別皿でトッピング

妥協は一切できないディーンさんなので、全てをクリア出来るような理想のお店が番組内で見つかるといいですね。

 

 

1軒目:フォーおいしい

phoおいしい
出典:http://goo.gl/Q0PtsK

一軒目に訪れたのは江戸川区小岩にある『フォーおいしい』というお店。ネーミングからして期待が出来るお店ですね。

店長はベトナム出身の方で、「美味しいベトナム料理を日本にも伝えたい!」という思いから遠い国日本でお店を経営しているそうです。ちなみに昨年10月にオープンしたばかりのお店です。

 

お店情報

東京都江戸川区西小岩4-14-20

食べログのお店詳細情報はこちら

『フォーおいしい』のお店ホームページはこちら

 

評価は4ディーン(星4つ)。
理想にあと1歩及ばなかったようですが求めていた味にはあと少しだったみたいです。

スポンサーリンク

 

2軒目:ハノイハノイ

ハノイハノイ
出典:http://goo.gl/0DBia1

二軒目に訪れたのが足立区北千住にある『ハノイハノイ』というお店。地元の人でも知る人の少ない隠れ家的なお店です。

ベトナム料理に魅せられた日本人店主が雑貨店もかねて作った知る人ぞ知る名店。内装は民家を改築した作りになっていてとてもアットホームな店内になっています。

ちなみにいきなり来たディーンさんにたまたまご飯を食べていたお客さんもビックリしていました(笑)

 

お店情報

東京都足立区千住1-28-13

食べログのお店詳細情報はこちら

 

こちらのお店も評価は4ディーン(星4つ)。
理想にあと1歩及ばなかったようですが求めていた味にはかなり近かったようですね。

 

 

まとめ

理想の一杯とまではいけなかったものの日本で1番か2番にくるぐらい美味しいフォーだったみたいですね。

これから先こだわりの男ディーンさんの舌を唸らせるほどの最高の一杯に日本で出会うことが出来るのか気になるところです。

ちなみに1軒目のフォーおいしいではディーンさんの理想の味に限りなく近づけた『ディーンスペシャルビーフフォー』(税込1500円)を2/19~2/21の期間限定で販売するそうです。

気になる方はぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Views

ページ上部へ戻る